忍者ブログ
郵政民営化にともなう郵便局についての変更点やサービスをわかりやすくお届けします。

SponsoredLink

SponsoredLink

2017

1022
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007

0930
民営化後も窓口では、切手の販売のほか、小包・書留や郵便貯金、
郵便保険の取り扱いなど、 現在のサービスは引き続き行われるので
利用者から見れば郵便局は変わりませんね。

完全民営化に向けて新規業務が認められ、地域の実情に応じた様々なサービスを提供する 「コンビニ化」が進むことも期待されています。

具体的には、文房具や日用品、映画入場券の販売など、
いろいろなサービスがあります。
化粧品販売・ファッション関係にも進出との噂がチラホラと...
民間銀行などの窓口事務を代行する可能性もあります。

規模の大きい普通局では、住宅リフォームの仲介といった業務への参入や、
都市部では24時間営業も検討されているようです。

ただ、職員が数人しかいない地方の郵便局での新規業務は難しいとみられ、
どこまでサービスが多様化するかはっきりしないそうです。
やはり地方には厳しい民営化なのでしょうかねぇ?
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
<< 役所の仕事も代行しますよ | HOME | 郵便のサービスはどうなるの? >>
ブックマークに追加する
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
バーコード
プロフィール
HN:
minmin~♪です。
性別:
女性
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP