忍者ブログ
郵政民営化にともなう郵便局についての変更点やサービスをわかりやすくお届けします。

SponsoredLink

SponsoredLink

2019

0922
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007

0930
エクスパックの交換方法が変更
★民営化後は、切手類からエクスパックへの交換もできなくなります。

代金引換とする郵便物等の手数料などが変わります。
★代金引換郵便物や代金引換ゆうぱっくの引換金額から
消費税等を差し引いた金額が3万円以上の場合、
印紙代相当額を控除した金額を送金いたします。
引換金をゆうちょ銀行の為替または振替で送金を希望される場合、
それぞれの手数料が変更になります。


外国来の郵便物の関税等の納付方法が変わります。
★配達時に関税等が課せられた郵便物のお受取を希望される場合は、
お客様が関税等の納付を郵便事業株式会社に
委託していただくこととなりますが、
配達の担当者に関税等の現金を預けていただくことは変更ありません。

★郵便事業株式会社に委託されない場合は、郵便物をお受取になる前に、
お客様が関税等を郵便局の貯金窓口等の日本銀行の歳入代理店に
直接納付していただくことが必要になります。
※「関税等」とは、関税、内国消費税及び貨物割(地方消費税)のことを
  示します。


料金後納を利用して郵便物を差し出されるお客様に
お客様カードを発行致します。

★料金後納をご利用いただく郵便物等のお引受けを円滑に行うことを目的に
お客様カードを発行いたします。
このカードをご利用いただければ、後納でご利用いただいた郵便や
ゆうぱっく等のご利用料金の明細をインターネットを通して、
いつでもご覧いただけます。
※現在後納をご利用のお客様には9月中にカードをお届け致します。


★レタックスのお取扱い方法が変更になります。

★通信日付印の印章が変更になります。

★ふみカードの払戻方法が変更になります。

★民営化前(9月30日以前)に差し出された郵便物を
 民営化後(10月1日以降)にお受取になる場合は、民営化後の
 お取扱い内容となります。


☆記念押印も今までどおり、郵便局の窓口などで行います。

by日本郵政公社 http://www.japanpost.jp/
PR

2007

0930
★・・・変更あり☆・・・変更なし 

Q1 郵便事業のサービスはどうなるの?
A これまでどおりの取扱い。

民営化前に購入した切手は、民営化後も郵便料金の支払いに使えます。
また、はがきもそのまま使えます。
*一般小包 → ゆうぱっく
*冊子小包 → ゆうメール
*定型小包 → エクスパック
*簡易小包 → ポスパケット
☆民営化前に発行したエクスパックは民営化後も使用可能。

Q2 差出はどうなるの?
A 全国の郵便局・郵便ポストなどを引き続き利用可能。

Q3 配達はどうなるの?
A これまでどおりの配達。
全国のあて先へ確実に郵便物をお届け。
ゆうパックなどの荷物の配達についても変更なし。

Q4 料金はどうなるの?
A 郵便料金、ゆうパックなどの料金変更はなし。
これまでどおり、全国均一の料金。

Q5 郵便物などの受取はどうすればいいの?
A 再配達・「ゆうゆう窓口」で受取可能。
★郵便局によっては窓口の営業時間が変更になっています。
(例:24時間窓口→午後9時終了。)
 
Q6 損害賠償はどうなるの?
A 損害賠償の内容が他社の宅急便と同様になるそうです。
エクスパック・ゆうメール・ポスパケット
☆手紙などの郵便物については、現在と同様に、
書留等の記録扱いの郵便物が損害賠償の対象。

by日本郵政公社 http://www.japanpost.jp/
| HOME |
ブックマークに追加する
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
バーコード
プロフィール
HN:
minmin~♪です。
性別:
女性
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP